FANDOM


 サレックへの挽歌(Avenger)は、ウィリアム・シャトナー作の小説である。

あらすじ編集

上巻編集

惑星連邦は、謎のウイルスによって滅びかけていた。ボーグによる再生の影響を脱したカークは、何者かが故意にこのウイルスを蔓延させたのだと気づく。さらに、この陰謀にはなんとヴァルカン人がかかわっているのだ!カークは急遽ヴァルカンをめざす。そのころ、「父、サレック大使の死は、暗殺だった」と言う奇妙なメッセージを受け取ったヴァルカン大使スポックも、真相を究明すべく故郷ヴァルカンへ向かっていた・・・・・・

下巻編集

<USSエンタープライズE>を率いるピカード艦長は、謎のウイルスに侵された惑星の封鎖任務中、ウイルスの発生源についての手がかりをつかむ。これは惑星連邦内部からの攻撃だ!そう悟ったピカードが艦首を向けたのは惑星ヴァルカンだった。サレック暗殺者を追求するスポックと、ウイルス蔓延の首謀者を追うカークとピカード。三人は奇しくもヴァルカンに集結する。そして、彼らの追う敵はひとつだと判明したとき・・・・・・!?

登場宇宙艦編集

USSベネット
USSトビアス
USSエンタープライズ(NCC-1701-E)

回想編集

USSエンタープライズ(NCC-1701-A)
USSエンタープライズ(NCC-1701-B)
USSエンタープライズ(NCC-1701-D)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki